第10回 熊本県商工会議所青年部連合会 会員大会 山鹿大会

 平成31年2月16日(土)山鹿市八千代座にて「第10回 熊本県商工会議所青年部連合会 会員大会 山鹿大会」が開催されました。県連大会は、毎年熊本県内の各単会が持ち回りで、商工会議所青年部のネットワークを最大限に活かし、地域の枠を超えた交流の促進と会員相互の連携を図ることで、円滑で、勢いのある地域経済の発展に寄与することを目的として開催されています。

今年度は「縁合」~出会いカタチに!同志と共に未来を築く~の大会テーマのもと、山鹿商工会議所青年部主管で開催されました。

 記念式典のオープニングでは、山鹿燈籠踊りが披露され幻想的な雰囲気に包まれました。

式典のクライマックスとなる、県連旗の引継においては、山鹿YEG 井口会長から髙野県連会長、高野会長から井上次年度県連会長そして、来年度主管をさせていただきます、私たち人吉YEGの次年度会長 小川孝博君の手へと渡されました。参加した人吉YEGメンバー一同、改めて身の引き締まる想いで来年度への決意を新たにしました。


 その後の基調講演においては、講師に「中華の鉄人」脇屋 友詞 氏をお迎えし「マネジメントとビジョン」のテーマでご講演いただきました。

 研修事業においては、まず小野 泰輔 熊本県副知事に「熊本県の観光ビジョンについて」ご講演をいただき、その後のパネルディスカッションを、人吉YEG顧問の大山 善生 君がコーディネーターのもと、「熊本県の観光について」というテーマで開催されました。パネラーは小野副知事、熊本YEGの井口君、山鹿YEGの井口会長に加え、人吉YEG直前会長 田口 善浩 君が務めました。

 温泉プラザ山鹿に会場を移し開催された大懇親会は、山鹿ならではの料理を楽しみながら盛り上がりました。途中、YEGに関するクイズ大会も開催され、新入会員の木村 泰大 君が奮闘しました。

 多くのメンバーで参加し、来年度の人吉大会への大きな気づきをいただいた大会となりました。


(don't think,)MOVE!!~行動こそが未来を切り拓く~

210回の閲覧