​会長所信

 「平成」という時代が間もなく終わりを告げ、5月1日より「令和」という新元号による新しい時代が幕を開けます。今回の改元は、天皇陛下のご意思による生前退位に伴う新天皇の即位となることから、昭和から平成にかけての改元の時とは違い、国全体としての祝福ムードが高まっています。また来年2020年には、1964年以来56年ぶりに2回目の東京オリンピックが開催されることから、今年から来年にかけて日本国内、またこの地域においてもの経済の好転が大きく期待されています。

 新しい時代を迎える本年度、7年振りに人吉の地におきまして「第11回 熊本県商工会議所青年部連合会 会員大会」が開催されます。会員大会は、熊本県内の商工会議所青年部のネットワークを最大限に活かし、地域の枠を超えた交流の促進と会員相互の連携を図ることで、円滑で、勢いのある地域経済の発展に寄与することを目的としています。会員大会を主管することで、私たち一人ひとりにとっては大きく成長する機会となり、参加することで、これからの課題へ向け取り組む機会となります。会員同士が互いに磨き合い、自らの成長の場とするには、主管する私たちと主催する県連が一丸となり、開催に向け熱い想いをもち、知恵を集結させ、共に取り組んでいくことが不可欠です。確固たる信念をもち、行動することで、共に描いた想いをカタチに出来ると確信しています。

 単会におきましては、これまで会を支え、中心となり活動してきた6名の会員が卒業します。本年度は積極的に人吉YEGの魅力を発信し、多くの方々に私たちの活動や想いを伝えることで、共に活動する仲間の輪を広げていきたいと思います。また、これからの人吉YEGを担う人材を、日頃の活動や県連大会を通して育成してまいります。さらに、昨年より本格的に取り組みはじめた政策提言活動やひとよしまち燈り点灯式などの例会をしっかりとしたビジョンを描き、想いを共有しながら納得のいくカタチを追求し、取り組んでまいります。

 1年間、どうぞよろしくお願いいたします。

事業計画

◆ 総務広報委員会

〇 役員会・例会の運営補助(通年)

〇 SNSによる情報の発信(通年)

〇 ホームページの更新(通年)

〇 総会の計画/運営(4月)

〇 「第11回熊本県商工会議所青年部連合会会員大会 人吉大会決起例会」の計画/運営(8月)

〇 「第11回熊本県商工会議所青年部連合会会員大会 人吉大会」の参加協力推進(11月)

〇 新年会の計画/運営(1月)

  

◆ 継承委員会

〇 「お城まつり」への出店/協力(5月)

〇 「おくんち祭り」への協力(10月)

〇 「ひとよしまち燈り」点灯式の計画/実施(2月)

 

◆ ビジョン委員会

〇 政策提言に関する意見交換会・ワークショップの実施(7月・9月)

 

◆ 会員交流拡大委員会

〇 会員拡大につながる例会の計画/実施(6月)

〇 忘年会の計画/実施(12月)

〇 卒業式の計画/実施(3月)